KUSAGAME . JUGEM

クサガメをはじめとしてカメをこよなく愛する人たちの発言ボード
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
犬と私の10の約束
犬と私の10の約束 (JUGEMレビュー »)
サイトウ アカリ
感動的な本です。
RECOMMEND
カメ
カメ (JUGEMレビュー »)
野村 潤一郎, 七尾 純
獣医師の野村 潤一郎先生の書かれた本です。
RECOMMEND
心理学者が亀に恋した理由
心理学者が亀に恋した理由 (JUGEMレビュー »)
中村 陽吉
亀との生活を綴った本。
RECOMMEND
へんないきもの
へんないきもの (JUGEMレビュー »)
早川 いくを
とても面白い本。へんてこな生き物の紹介。ワニガメも登場します。爆
RECOMMEND
リクガメ大百科
リクガメ大百科 (JUGEMレビュー »)
小家山 仁
レプタイルクリニック院長の著。
リクガメってこんなに種類あるんですね。
RECOMMEND
ミズガメ大百科
ミズガメ大百科 (JUGEMレビュー »)
冨水 明
写真が多く楽しめます。
あまり書店では見かけない本。
RECOMMEND
宏子先生の動物クリニック
宏子先生の動物クリニック (JUGEMレビュー »)
清水 宏子
動物病院で日々起こっている出来事、治療などを書いている本。犬・猫飼っている人にはオススメ。カメについてはなし。(涙)
RECOMMEND
カメの家庭医学
カメの家庭医学 (JUGEMレビュー »)
小家山 仁
レプタイルクリニックの院長の著。
カメの病気についてはこれ以上に詳しい本は知りません。値段が少し?高いのが難点。
品切れになりそうなので買いたい人は早めに。
RECOMMEND
カメに100%喜んでもらう飼い方遊ばせ方―
カメに100%喜んでもらう飼い方遊ばせ方― (JUGEMレビュー »)
ミニペット倶楽部, 霍野 晋吉
☆☆☆☆
カメの飼い方がよく分かる本。漫画も面白く読みやすいです。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
実は海外に引っ越すことになりました。
突然ですが、海外に引っ越すことになりました。
それで、かわいいカメたちは実家にもって行きました。

1年か2年かで帰ってきますので、それまでは
外国でカメの写真を撮れればアップしたいと思います。

今後ともブログをよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
- | 18:00 | - | -
コメント
from: がめちゃん   2007/01/15 7:32 PM
中国へ行かれるとのこと、
カメ吉くんのところで拝見いたしました。
カメちゃん達もご実家なら安心ですね。
外国のカメの紹介を楽しみにしています。
暖かくなったら亀戸天神と清澄庭園に行かなくちゃと思っています。
海外生活、お身体に気を付けて!!
from: 実名希望   2007/01/15 11:17 PM
がめちゃんさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
外国のカメの紹介したいです。

先月、現地に行って公園の池を見たのですが、
コイはいても、亀はいませんでした。
(冬眠?)

中国はカメを食べる!国でもあるので、
つかまっちゃったんでしょうか?

早く春になってほしいです。
クサガメにも会えるかな?
from: 実名希望   2007/01/15 11:19 PM
それと、亀戸天神と清澄庭園はいいですね。

http://kusagameneverexit.web.fc2.com/kameido.html
http://kusagameneverexit.web.fc2.com/kiyosumi.html

ぼくも行きたいところです。
from: 実名希望   2007/02/07 2:47 PM
みなさま、お久しぶりです。

まだ、ネットは使えず、日本領事館の付属?の閲覧室から、
見ています。

こちらの亀の情報ですが、
かわいい、ちびのクサガメが売られていました。
値段は1300円?くらいでしょうか?
(日本より高いです)

ミドリガメもいました。400円くらいです。

驚いたのは、スーパーの魚売り場で、すっぽんが売られていました。
甲羅が20センチくらいですが、4000円くらいです。

今まで、食用として売られている亀を見たことはないので、
びっくりしました。

顔を見てみると、かわいい顔、瞳をしていました。
何日か後には食べられちゃうのかな?と考えると
かわいそうに思えます。

いままで、すっぽんのイメージは、
「かまれると大変」でしたが、
実際、見て変わりました。
from: さわ子   2007/02/19 10:28 AM
もう中国の生活には慣れましたでしょうか?
中国では長寿の対象として亀を崇めるようですが、繁栄?を願って食すのでしょうか?
うーむ…すっぽんすら食べたことのない私にはツライところです。
それにしても緑亀の方が安いんですね。
日本とは逆だ〜。
from: 実名希望   2007/02/23 1:13 PM
さわ子さん、こんにちは。
だいぶん、なれましたよ。

中国では市場では亀以外にも、
食用かえる、カブトガニ、(もちろん生きている)
など、います。

ミニ動物園みたいになってます。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kusagame.jugem.jp/trackback/295
 
プライバシー ポリシー

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"